マン・レイ展 知られざる創作の秘密  国立新美術館

JUGEMテーマ:写真

マン・レイ(18901976)の遺族が設立し、全作品の著作権を有する「マン・レイ財団」所蔵の写真、絵画、彫刻、デッサン及びマン・レイ自身の所持品を一堂に集めて、2007年から欧州を7回巡回している展覧会が、この度初めて日本で紹介されることになった。

 一般に「写真家」としてのイメージが強いマン・レイだが、今回の展覧会では、写真はもとより絵画、オブジェなど多岐にわたる分野で活躍した「アーティスト」、そして新しい技法やスタイルを編み出した「モダンアートの先駆者」としてのマン・レイに光を当て、その知られざる足跡を追っている。

 この展覧会は、本展の監修者が4年の歳月をかけてコレクションの全貌を調査した結果、日本展だけに出展される作品約70点を含む409点が紹介されている。会場は、マン・レイの生涯を4つ、つまり、ニューヨーク時代(18901921)、パリ時代(19211940)、ロサンゼルス時代(19401951)、そして又パリ時代(19511976)に区切り、時代にそってマン・レイの作品と、その発想源となったモノやイメージを対比させている。

豊富な資料の数々は、マン・レイが一つのモチーフをスケッチから完成品へと変化させていくプロセスを見ることが出来、そういう意味で、一つのアイディアを一生をかけて追求したマン・レイの頭の中を覗き、彼の創造のプレセスを見る思いがする。見ごたえがある展覧会である。

<概要>

タイトル マン・レイ展 知られざる創作の秘密

会期 2010714日(水)〜913日(月)

開館時間 午前10時―午後6時、金曜日は午後8時まで(入場は閉館の30分前まで)

休館 毎週火曜日

主催 国立新美術館、日本経済新聞社

協賛 螢縫灰

協力 日本航空

問合わせ ハローダイヤル0357778600

観覧料 一般1500円 大学生1200円 高校生800

(三浦記/写真提供山本純子)


「ポーラ美術館の日本画」   初の日本画展を開催 

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 



 ポーラ美術館のコレクションは、オーナーの鈴木常司(
19302000)が40年以上にわたり収集した個人コレクションです。そのコレクションは印象派を中心とした西洋展、日本の洋画、日本画、東洋陶磁、古今東西の化粧道具など9,500点を越える。これまでの企画展では西洋が、特に印象派の絵画を中心に構成してきました。

今回の企画展「ポーラ美術館日本画」展では、初公開作品を含めて、ポーラ美術館の日本画コレクションを総覧し、コレクターの眼をあらためて見直します。その中でも昭和を代表する画家であり、高山辰雄、東山魁夷とあわせて「日展の三山」として知られる杉山寧(19901993)の収蔵作品43点は日本でも最大級のコレクションです。(上の写真は杉山寧代表作の「水」)

本展では、日本画の近代化に尽くした横山大観(18681958)、叙情的な作風で人気の高い東山魁夷(19081999)、人間の精神性を追求した高山辰雄(19122007)、平山郁夫(19302009)などの作品から、写実と抽象、洋画のように見える厚塗りのマティエールなど戦後の日本画における重要な問題について考えます。

「ポーラ美術館の日本画」開催概要

開催期間:1期  2010313日(土)〜201068日(火)

     杉山寧、不朽の大作「水」を中心に横山大観、東山魁夷、高山辰雄、平山郁  夫など全13作家

2期                2010611日(金)〜201095日(日)

杉山寧、晩年の大作「洸」を中心に横山大観、東山魁夷、高山辰雄、平山郁  夫など全14作家

     作品保護のため、1期、2期で全作品を入れ替えます。

     作品点数:127点(所蔵作品118点、特別出品9点)

     主  催:財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館

     会  場:ポーラ美術館 展示室1

          〒250-0631神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

          電話0460843108 ファクス0460843108

          ホームページ http://www.polamuseum.or.jp

     開催期間:午前9時〜午後5時(入館は午後430分まで)

     休館日:会期中無休

     入館料:大人1800円、シニア1600円、大学・高校生1300円、中・小学生700

                              以上  

                              (三浦記     

チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展  江戸東京博物館

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展

〜大草原への夢、英雄の華麗なる遺産を日本初公開!〜

中国国家一級文物(国宝)54点が出展!

201022日(火)〜411日(日)

江戸東京博物館

 



 本展では、謎に包まれたチンギス・ハーンと世界最大のモンゴル帝国を紹介する本格的な展覧会だ。中華人民共和国・内モンゴル博物院は、北方騎馬遊牧民族やモンゴル帝国に関する美術品・資料
13万点を所蔵し、モンゴル帝国の美術・資料を所蔵する世界でも最大級の博物館だ。

本展では、チンギス・ハーンが登場する以前、紀元前4〜9世紀に存在した中国古代北方騎馬遊牧民族の装飾品からチンギス・ハーンが建国したモンゴル帝国の絶頂期、そして明・清時代に入っての衰退期までを一堂に紹介している。総出展数159点のうち、中国国家一級文物(国宝)が54点出展される。

2006年には、モンゴル建国800年を記念して大掛かりなイベントが開催され、日本では、森村誠一原作の「地果て海尽きるまで」が映画化されたり、浅野忠信主演の映画「モンゴル」(2007年)が第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。このように、今なお私たちに興味と話題を与えている。

日本で始めて紹介されるモンゴル帝国の遺産と至宝の数々をお楽しみください。

<概要>

展覧会名:チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展

開催期間:201022日(火)〜411日(日)

開催時間:午前930分から午後530分まで

     土曜日は午後730分まで(入館は閉館30分前まで)

休館日:月曜日。ただし322日(月・祝)開館、23日(火)は休館

開催場所:江戸東京博物館 1階展示室

アクセス:JR総武線両国駅西口より徒歩3

     都営大江戸線両国駅A4出口より徒歩1

     〒130-0015墨田区横網141

観覧料金:一般1300円、大学・専門学校生1040円、小中・高校生・65歳以上650円 

主催:(財)東京都歴史文化財団、東京都江戸東京博物館、産経新聞社他

後援:中国大使館

問合せ:江戸東京博物館0336269974(代表)

    江戸東京博物館ホームページ http://www.edo-tokyo-museum.or.jp


浅草の街が変わる、新しい観光スポットが登場!「アミューズ ミュージアム」

JUGEMテーマ:芸能
 

浅草の街が変わる、新しい観光スポットが登場!

200911月にオープン! 

「アミューズ ミュージアム」

「アミューズ ミュージアム」は、アクティブなライブミュージアムです。浅草・浅草寺に隣接する昭和中期の匂いを醸し出す築43年の古いビルを再生、リノベーションし、6階建てのビルまるごとギャラリーにしました(下の写真)。美術館というと、展示されている作品は、ガラスケースごしに鑑賞するだけというイメージもありますが、「アミューズ ミュージアム」は、ライブ感を大事にします。館内では日本舞踊などの芸能や、はたおりの訓練をつんだパフォーマーを兼ねる女性アテンダントたちが、ご来場者をココロ温かくお迎えします。

<オープニング企画展>

オープニング企画2009年11月1日(日)から2010年2月28日(日)まで)では『布を愛した人たちのものがたり展』として、世界初公開の国指定重要有形民俗文化財「津軽刺し子着物」(下の写真)テキスタイルアート「BORO」などを紹介します。

また、上記企画展以外に常設コレクションとして、田中忠三郎氏が提供した、黒澤明監督映画「夢」の衣装や古民具、撮影時の貴重な資料や、ボストン美術館所蔵の幻の浮世絵「スポルディング・コレクション」を基にした映像作品なども常設展示してます。
 
施設概要>

 施設名称  アミューズ ミュージアム AMUSE MUSEUM

所在地    〒111-0032 東京都台東区浅草2-34-3 (浅草寺境内東側、重要文化財「二天門」に隣接)

アクセス   東京メトロ銀座線浅草駅、東武伊勢崎線浅草駅から徒歩5分
都営浅草線浅草駅から徒歩8分

開館日    2009111日(日)

開室時間   展示室・浅草展望台/10:00〜18:00
1F カフェ/9:00〜21:00、5F・6F Bar/18:00〜深夜

休館日    特別展開催中を含め、年中無休。展示替のための一部休室あり。

観覧料金   一般1,000円、大高生800円、中小生500円、未就学児童無料。
一般団体料金は15名以上で800円。
身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名までは500円。
上記金額は、企画展によって別料金の場合もあります。

お問合せ   TEL:03−5806−1181(大代表)

公式サイト  http://www.amusemuseum.com

 


美術展取材 河口龍夫展  国立近代美術館

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

 

河口龍夫(1940年兵庫県生まれ)は、1960年代から今日に至るまで、現代美術の最先端で活躍を続けている作家である。彼は、鉄・銅・鉛といった金属や、光や熱などのエネルギー、さらに化石や植物の種子など、様々な素材を用いながら、物質と物質、あるいは物質と人間との間の、目に見えない関係を浮かび上がらせようという一貫した姿勢で制作を続けてきましたし、今も続けている。(上の写真 「時の航海」2009年)
 今回の展覧会は、長年わたる川口龍夫の制作のあゆみを、「ものと言葉」、「時間」、「生命」というキーワードのもとに3つの章で構成し、それぞれのテーマによる過去の主要作品と、新作とをあわせて展示している。「芸術は精神の冒険」であると川口龍夫は言う。

彼の作品の前で五感を研ぎ澄ませ、想像力を広げて作品を凝視するとき、見る側は、ものに対する新しい認識の仕方に驚かされたり、人間のスケールを超えたはるかなる過去・現在・未来の時間の流れに思いを馳せたり、あるいは生命の不思議に触れることが出来るでしょう。(下の写真 「無関係−立ち枯れのひまわり」1998年)

 この企画を立てた近代美術館の学芸員は、企画の段階で、あれだけ偉大なアーティストでありながら、その世界の専門用語を使わず普通の言葉で説明していることに驚きと敬意を持ったと語っていたが、そのことは作品の解説を読むとよく分かる。
それともう一つ。体験コーナーがあり、それは真っ暗闇の小部屋で色鉛筆で自分の好きな絵を描くことで、私も試みた。下の絵が私の描いた「顔」である。目、鼻、口、髭の位置関係はバラバラだけど、全体的には自分のイメージした「顔」になっている。これは新発見だった。

<概要>

名称 「河口龍雄展 言葉・時間・生命」

会場 東京国立近代美術館  千代田区北の丸公園3-1

会期 20091014日(水)〜1213日(日)

   月曜定休 ただし1123日(月・祝)開館し、翌日24日(火)休館 

開館時間 10001700 (金曜日は1000~2000

観覧料 一般850円  大学生450

問合せ 03-5777-8600 ハローダイヤル

主催 東京国立近代美術館


美術取材  「尼門跡寺院の世界」  東京藝大美術館


 「尼門跡寺院の世界―皇女たちの信仰と御所文化」  東京藝術大学美術館
  尼門跡寺院とは、皇族・公家などの高貴な女性の入寺によって営まれてきた独特な品格を持つ寺院で、わが国が世界に誇れる文化遺産。現在、京都・奈良に13の尼門跡寺院(大聖寺だいしょうじ・宝鏡寺ほうきょうじ・曇華院どんけいん・光照寺こうしょうじ・林丘寺りんきょうじ・霊鑑寺れいかんじ・中宮寺ちゅうぐうじ・法華寺ほっけじ・三時知恩寺さんじちおんじ・慈受院じじゅいん・宝慈院ほうじいん・本光院ほんこういん)が残っていますが、そのほとんどが一般に公開されていません。
 この「尼門跡寺院の世界―皇女たちの信仰と御所文化」では、今まで一般の目にほとんど触れられることのなかった、皇女たちによって守られてきた貴重な資料・作品・調度品など180点が展示され、皇女たちの信仰と生活、御所文化を紹介している。
上の写真は、大聖寺門跡の中興:天巌永皎尼(てんがんえいこうに)
<開催概要>
展覧会名  皇女たちの信仰と御所文化 尼門跡寺院の世界
会  期  2009年4月14日(火)〜6月14日(日)
休館 日  毎週月曜日、ただし5月4日は開館
会  場  東京藝術大学大学美術館
開館時間  午前10時〜午後5時(入館は閉館の30分前)
主  催  東京藝術大学、中世日本研究所、産経新聞社
後  援  文化財保護・芸術研究助成財団、ワールド・モニュメント財団
協  賛  ティファニー財団、キャノン、京都文化協会
チケット料金  一般1300円、高校・大学生800円
問い合わせ先  ハローダイヤル03−5777−8600
HP  東京藝術大学大学美術館HP http://www.geidai.ac.jp/museum/
産経新聞社HP  http://www.sankei.jp/event/

大恐竜展  恐竜の骨(本物)

JUGEMテーマ:写真

写真は大腿骨で184cmで約150キロ。まるでコンクリートの塊だ!


取材  大恐竜展  上野国立博物館

大恐竜展
知られざる南半球の支配者
上野国立科学博物館

 南半球で発掘された最新の恐竜化石を一堂に集めた「大恐竜展〜知られざれ南半球の支配者」が東京・上野の国立科学博物館で開催している。展示では、恐竜たちが暮らした中生代(約2億4500万〜6500万年)に「ゴンドワナ大陸」を形作っていた南米、南極、インド、アフリカからの発掘成果を中心に、世界初公開となる史上最大級肉食恐竜「マプサウルス」の骨格など80点余りの標本が公開されている。
 恐竜はいつの時代でも子供たちには大人気だが、大人になると興味が無くなる人がほとんどだ。今回初めて恐竜展を取材したが、まず、その巨大さに驚いた!それとほんものの恐竜の骨に触らせてくれるのだが、大腿骨は184センチメートルで約150キログラムあるという。まるでコンクリートの塊のようだ。また、恐竜の顔をリアルに再現しているが、その大きさとグロテクスさに驚いた。
<概要>
大恐竜展〜知られざる南半球の支配者
会場 東京・上野国立科学博物館
会期 3月14日(土)〜6月21日(日)
   休館日 毎週月曜日 *ただし3月は23日、30日、4月27日、5月4日は開館。
観覧料 一般・大学生1500円、小・中・高校生600円
主催 国立科学博物館、読売新聞社
公式ホームページ http://dino2009.jp
問い合わせ ハローダイアル03−5777−8600

美術展「レオナール・フジタ展」を観て

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 上野の森美術館で「レエナール・フジタ展」を観た。彼の幻の大作(一点3m×3m)といわれる「構図」と「闘争」4点他を観た。彼独特の乳白色で描かれ、彼が最初のパリ滞在の最後の作品であり集大成といわれるものだが、その後行方不明になり、そして見つかり修復されての初お目見え。(上の写真)
 もともと彼は軍人の子どもだ。絵を描くためパリへ行くことや絵描きになることでは父親とかなりの確執があっただろう。父親は軍医、息子のことで上官の森鴎外に相談している。上野の美術学校に入れるべきだろう、というこで入学し、それからパリへ行った。そんな彼がヨーロッパ仕込みの絵描きになり日本に帰ってきて日本人になりきろうとした。日本の画壇でも積極的に活動したし、戦争画も描いた。戦後はそれが裏目に出た。
 そして再びフランスへ行きフランスに帰化した。さらにフランス人になりきるためキリスト教に改宗する。完全に日本人を捨てた訳だ。ここから彼の絵は変わった。最終的には彼は自分の礼拝堂を造ることが目的になる。壁画がからステンドグラスから室内の模様まですべて彼のアイデアとデザインだ。デッサンをみても出来上がった作品をみても彼のエネルギーは感じるが、かってのあの乳白色の彼の絵じゃなくなっていた。
 それにマリアや幼子や天使の顔付きがみんな同じに見える。私の個人的な好みからいえばあまり好みの顔立ちではない。日本人として世界に認められたということが彼に引きつけられた最大の要因だが、かっての彼の絵にはどこか日本的な感じがしていた。乳白色の地を造ったなんて正に日本的だ。帰化してからの彼の作品には日本的な感じがしなくなった。
 それに晩年の彼を写した写真をみると、あの顔はもう日本人の顔じゃあないという感じがする。彼は最初、裸婦像を描いて人気画家となり年に何回か開い個展では絵はほとんど売れたと言われる。同時代のモジリアニとはまったく逆だ。でも彼は人気画家では満足しない。人気作家じゃ画家としてのランクが低い。格上の画家となるためには歴史画や宗教画を描かなければならない。
 しかし日本人の自分はどう乗り越えるべきか。考えた末が帰化であり改宗だと思う。日本を捨て日本人を捨てフランス人になりきることが彼の絵をフランス人の絵することだ。これが彼のたどり着いた結論だと思う。だとすると彼の晩年の絵も理解出来るような気がした。それにしても、凄い人生の軌跡だ。


アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち 森美術館



アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
人間の心の奥深くへ投げかけられる“メッセージ”。
フランス現代美術を代表する女性アーティスト、日本初個展
 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

この展覧会は、フランスを代表する女性アーティストであるアネット・メサジュを本格的に紹介する日本初の個展です。
彼女が作り出すさまざまな素材を用いたオブジェやインスタレーションは、奇妙で幻想的な世界へ見る者を引き込みます。それらは、彼女の名前“メサジェ”を体現するかのように強烈な“メッセージ”を内包しており、人間の心の奥深い部分へ何かを投げかけてくる「使者」となります。
本展はパリのポンピドー・センターをはじめ、フィンランド、韓国を巡回した国際展です。森美術館ではメサジェとともに展示作品の選択を行い、ギャラリー空間を生かしたスケールの大きな展示を試みます。
写真1.「噂」2000―2004年 100×233×43cm 布、縫いぐるみ、紐
マラン・カーミッション・コレクション.パリ
    一見愛くるしい目のついた身体の一部のような縫いぐるみたちは、アルファベットでRUMEURと読める。「噂」によって翻弄される人間の在り様を、縫いぐるみの人型が物語っているようだ。
写真2.「キマイラ」1982―1984年 サイズ可変 アクリル、油彩、白黒写真、メッシュ
    Coutesy Marian Goodman Gallerry,Paris/New York
ギリシャ神話に登場するキマイラは 口から火を吹く怪獣。得たいの知れない生きものが飛び出した一瞬は恐怖を感じるが、それが夢だとわかって安堵するような幻想と現実の世界を示すこの作品は、ホラー映画のワン・シーンを想起させる。
<概要>
 日時:2008年8月9日(土)〜11月3日(月・祝)10:00〜22:00
 会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
 入場料:一般1500円
 主催:森美術館、ポンピドーセンター・パリ国立近代美術館、朝日新聞社
 後援:フランス大使館
    日仏交流150年周年記念公認イベント
問合せ:電話03―5777―8600(ハローダイアル) 
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Anna Nicole Nude (02/19)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Blow Molding Fule Tank (02/18)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Giantess Crush Heels (02/18)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Drybees Cloth Diapers (02/18)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Cuckholding-Submiss (02/18)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    338-Lapua-Brass (02/18)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Grandmas Lye Soap (02/09)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Masectomy Bras (02/09)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Nip Tuc (02/09)
  • 個展紹介 ― インスパイアリング・アート「三浦忠夫作品展」 ―
    Sexy Nude Ass (02/09)
links
search this site.
others
recommend
死ぬまでに観たい映画1001本
死ぬまでに観たい映画1001本 (JUGEMレビュー »)
スティーヴン・ジェイ シュナイダー, Steven Jay Schneider
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM